スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッター

メモ

まず
  1. クイボに頼り過ぎない
  2. 味方が溶ける前に脅威を排除する
  3. 強ポジションを覚える
  4. 常にプレッシャーをかける
  5. エイムを鍛える(必要ならカメラ感度も調整する)
  6. 射線を隠しやすい地形を把握する
以下補足

1は「クイボで突っ込み過ぎない」ということ
確実にやれて、かつ生き残れるという状況でのみキルを狙うといい感じ
基本は迎撃用と考えるといいかも
後は物陰への牽制にぽいぽいやっとくのもいいと思う

2は「味方を囮にしない」ということ
自分ではあまり塗れないのでなるべく味方が死ぬ前に、また死なないようにしてあげたい
「キルレはいいのに試合には負ける」って人は味方をサポートできてないかも
突っ込み過ぎる味方はまあ、しょうがない()

3、ステージによって強いポジションがあるので動画とか実践で覚える
1箇所ではなく、戦況によって、また動きを読まれにくいように「ここは強い」って思うポジションを幾つか持っておくと便利

4は3と関連するけど、要は「同じ場所で居座らない」ということ
居座ってプレッシャーをかけ続けられるステージであれば構わないが、そうでない場合は味方に3vs4を強いることになるのでおすすめできない

5
まあ当たり前だけど当たらないと意味が無いので最低限のエイムはほしい
動画でよくあるような真後ろとかにバッチリ合わせる技術は特に必要ないと思う
とりあえず動かない相手ぐらいは倒せるように試し打ちで練習すると良いかもしれない

6
具体的には「左側の壁」と「坂」
基本的にはこの2つで射線を隠しつつチャージして、確殺チャージ量で射線を相手に合わせて撃つ
難しいようだけど、身を晒して射線丸見え状態で撃つよりも当てやすい


この辺覚えてちゃんと練習すればSぐらいにはなれると思う


おわり

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいしゃ

Author:あいしゃ
電磁波砂?柔軟でーすWWWWWWWWWWW

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
pixiv
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。